Search

創樹会

木材と天然素材を愛する建築屋集団 少し税理士 京都丹後

まさかの真面目路線

10

ジモッキーで子ども達とオリジナル楽器「きあの」製作

もう一発、着火が必要だ

 あの創樹会が、真面目な取り組みを行った。意外と呑んでばかりでもないのだ。

 八月二十六日。彼らは地域の子ども達を集め、ジモッキー=地元の木に触れるワークショップを行った。山のエキスパート・上家先生のお話と、ジモッキーを使ったオリジナルの楽器づくり。木を目の前に製作に取り組む子ども達の目は、紛れも無く真剣。それを見て大人がいい加減にやれるはずがない。

 彼らは基本的に、家を建てるのが仕事。それと、子ども達の楽器づくりは、一見関係ないことのように思える。しかし、大いに関係があるのだ。なぜなら、彼らはこの地域で生きているから。子ども達の地域に対する愛着を育むことも、この地域で働く人たちにとって重要なこと。

 一息ついたら、次の行動だ。しかし、真面目路線を経験した彼らは、微妙に燃え尽きたようだ…ここいらでもう一発、着火せねばなるまい。せっかくなので今月は、丹後の「本物の木」に触れることにする。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2018 創樹会 . All Rights Reserved.